ブラックだがJCBEITに申し込んでみた

クレジットカードブラックドラゴン

ブラックだがJCBEITに申し込んでみた

皆さんはクレジットカード、何枚持っていますか?
昔はクレジットカードを持つのは意外とハードルが高いものでしたが、
最近はネットからの申し込みOK、即時発行なんていうところも多く、
少し前では収入源がないため審査に通りづらいとされていた
学生さんや主婦でも比較的簡単に発行してもらうことができるので
一人で数枚持っているという方も多いのでは。

 

ネットショッピング全盛の今、クレジットカードを持っていないと
結構不便を感じることが多くなっているので、
主婦でもなんでもクレジットカードを持つことができるのは
嬉しいものです。
しかし、実際に目の前でお金が出ていく様が見えないというのが
クレジットカードの怖い所でもありますね。

 

その際によくクレジットカードとセットで語られるのが
「ブラックリスト」というキーワード。
俺ブラックだから〜、私ブラックだけどカード作れるかな?
などと相談している場面をよく見かけます。

 

個人の持つ、世の中のあらゆるお金の貸し借りに関する情報は、
個人情報信用機関に蓄積されています。
例外はなく、クレジットカードのみならず住宅ローン、車のローンなど
ありとあらゆる金融に関する利用記録が記載されます。
カードの「審査」とは、そのほとんどはこの機関への照会の事、といっても
過言ではありません。

 

そこで、例えばクレジットカードを利用している場合に
滞納が続いてしまった、多重債務がある、
最悪の場合には多重債務の挙句自己破産になってしまった、
などという記録があると
当然ながらクレジットカードの発行は認められない、ということになりますよね。
これが俗にいう「ブラック」と言われる状況です。

 

個人の情報機関は3つあり
クレジットカードを発行している所により加盟するところは変わります。
しかしお金の貸し借りが発生した場合には、
どこの機関でも同じ情報が記録されますから
どこでクレジットカードを作っても大体の審査結果は同じであるはず…なのですが、
クレジットカード会社やそのカードのラインによって、
実はそれぞれ判断基準が異なっています。
とはいえこの基準は社内規程であり、外からどういう基準かを知ることはできませんが、
ここのカードは審査が通りやすい、厳しい、などという事は
様々な人の経験談などからある程度知ることはできます。

 

その中でも、比較的審査が通りやすく人気が高いのが
クレジットカードの老舗、JCBが発行する「JCB EIT」。
このカードはいわゆるリボ払い専用カードでありますが、
発行時の設定によって一括払いにすることが可能です。
こちらのカードは多重債務などがある、
いわゆるブラックだがJCBEITに申し込んでみたけれどOKだった!
というような評判を聞くことも多く、そういった状況にあって
なかなかクレジットカードを作ることができない…
とお悩みの方にも人気の高いカードです。
とはいえ、もちろんこれは個人個人の例であり、
似たような状況の人がOKだったのに自分はNGだった、
ということももちろんあります。
先に書いたように、社内の規定に即したものでどこで線引されているかは
残念ながら一般人には知る術がありませんので、
いわゆるブラック状態にある人は、「通ったらラッキー!」というくらいの
心持ちで申し込んでみるのが心理的にも良いかもしれません。

AC・アコムマスターカード