ブラックだがセディナカードに申し込んでみた

クレジットカードブラックドラゴン

ブラックだがセディナカードに申し込んでみた

クレジットカードを新規に申し込めなくて、クレジットカードのキャッシングもリボルビングを使えなくても別にブラックではない状況というのがあります。
それは、年収の3分の1までしか借金が出来ない総量規制に引っ掛かっている状況という場合です。

 

これは世間で言われているブラックの状態ではなく、単にそれ以上の借入がクレジットカードを使って行えないというだけのことなのです。
よくブラックという言葉を使う人がいますが、ブラックリストの存在を認めたクレジットカード会社も信用情報を保有している指定信用情報機関もありません。

 

総量規制のルールを知らないことでの誤解だったりすることが多いのです。
もし、本当にブラックリストが存在しているのであれば「ブラックだがセディナカードに申し込んでみた」ということは無駄であるばかりでなく、ブラックリスト状態を延長させてしまうだけということになってしまいます。

 

しかし、どうやら世の中にはブラックリストなどは存在せず、信用情報がクリアされる期間も決まっていますし、一定の期間が過ぎればクレジットカードの審査にも通りますし、新しい属性の評価でクレジットカードの審査にも通ります。

 

実際に、クレジットカードの総量規制をオーバーする借金があっても、毎月きちんと返済を続けている人は、銀行が提供している「おまとめローン」の審査に通ることは知られています。

 

ブラックという状態があれば、「おまとめローン」の審査も通らないはずです。
信用情報はあくまでも経済的な信用についての記録で、感情などはありませんし、色もついていません。
クレジットカード会社の審査の基準も公開されていませんし、ブラックリストというものも存在が認められていません。
曖昧な情報に振り回されて自分の信用情報を傷付けないようにしましょう。
3ヶ月の延滞で「異動」という表示が残るとそれは5年間も保有されるという事実は公開されているわけですから、3ヶ月の延滞はどんなことがあっても避けるようにしましょう。

AC・アコムマスターカード