ブラックだがファミマTカードに申し込んでみた

クレジットカードブラックドラゴン

ブラックだがファミマTカードに申し込んでみた

信用情報の開示申請をして、自分の信用情報を確認することが出来ます。
クレジットカードの審査をそろそろ受けてみようと考えたときには、なんとなくの記憶に頼らず自分の信用情報を確認してみてから行うことが重要です。

 

新規のクレジットカードを申込んでも審査に通らないような状態になったり、クレジットカード自体を持てない状況になっても、総量規制の年収の3分の1まで借金を減らしたり、年収自体を上げたり、信用情報の保有期間の最長5年を超えると、過去にどのような経緯があっても再びクレジットカードを利用出来るようになります。

 

最新の自分の信用情報を確認せず、安易に「ブラックだがファミマTカードに申し込んでみた」のようなことはしないほうがいいのです。
まず、信用情報がいつ回復するのかを確認し、回復してしまえば、信用情報が傷付いているのは、延滞を起こしたクレジットカード会社だけということになります。

 

クレジットカードは必要な枚数だけにするのが管理をするのも楽です。
毎月の返済日に入金があったかどうかは全てチェックされ、最新のものから過去24ヶ月分はつねにチェックが可能になっています。
未入金が続けば3ヶ月で「異動」という返済状況になり、異動の情報は延滞が解消しても信用情報の保有期間が続くまで照会が出来るのです。

 

クレジットカードはメインのカードとサブのカードの2枚程度にしておくのがオススメです。
現在ではクレジットカードのリボルビング枠なども非常にタイトになっていますし、複数枚持つメリットはほとんどなくっています。

 

ファミマTカードはリボルビング払いが原則のクレジットカードですし、クレジットカードのキャッシング枠、リボルビング枠ともに大きくありません。
信用情報が回復していれば、ファミマTカードはクレジットヒストリーがなくなっていても、審査に通らないということはあまり心配がいらないクレジットカードだと考えても間違いはないでしょう。

AC・アコムマスターカード