ブラックだがライフカードに申し込んでみた

クレジットカードブラックドラゴン

ブラックだがライフカードに申し込んでみた

信用情報を保有する指定信用情報機関のCICにはブラックリストというリストはないと正式に否定しています。
信用情報は客観的な取引の事実を表す信用情報で、支払いが遅れれば遅れた事実が記録されるだけで、しかも指定信用情報機関のCICではクレジットカード会社が登録した信用情報を保有しているだけなのです。

 

ブラックという言葉を使う人は、ブラックリストがどこかにあると誤解しているか、返済が遅れた記録をブラックと呼んでいるか、クレジットカードを申込んでも審査に通らないことをもって、自分はブラックだと思い込んでしまうのです。

 

信用情報には人種の記録も、犯罪記録も病歴なども記録されていません。
中学生が学校や親に隠れて悪い事をしてみたという感覚で「ブラックだがライフカードに申し込んでみた」という行為は、クレジットカード会社の審査の網をくぐり抜ける方法があるかのような印象を与えるだけで、もしこの場合のように、ライフカードに申込んでみて、審査に通るのであれば信用情報にはブラックと言われるような、信用情報は残っていなかったということになるのです。

 

つまり、ブラックという思い違いがあっただけということになります。
クレジットカード会社は審査基準を公開していませんが、クレジットカードに申込んだ場合には、指定信用情報機関のCICなどを使って、申込者の信用情報の照会を行うということを申込規約や、会員規約に明記しています。
これは、貸金業法で決まっている手続きで、クレジットカード会社が独自に考えたことではありません。
注意が必要なのは、クレジットカード会社では延滞などの返済状況の詳細や、クレジットカードのクレジット情報を取引後も5年間照会出来るということです。

 

いつ取引が終了しているのかを理解しないまま、5年経過しないうちにクレジットカードの審査を申込むのは、とてもすすめられるものではないのです。
自分の信用情報は手数料が掛かりますが開示請求が出来ますので、まずは信用情報のチェックをしてみることから始めたほうがいいでしょう。

AC・アコムマスターカード