クレジットカードブラック

クレジットカードブラックドラゴン

元ブラックが教えるクレジットカード審査突破の極意

クレジットカードの審査をクレジットカード会社が行う際に、必ずチェックするのはクレジット情報の支払い状況の確認です。
残債がいくらあって、そのうちキャッシングの残債額はいくらなのかということです。
返済状況を調べると3ヶ月以上などの延滞がある場合には異動という記録が付きます。

 

異動の記録があっても遅延が解消されていれば、5年の保有期間が過ぎると異動の記録は消えます。
異動となり、返済が終わっても5年の保有期間があることは忘れてはいけません。

 

「元ブラックが教えるクレジットカード審査突破の極意」としては、まず5年間の保有期間が終わることをしっかりと待つというのが一番なのです。
クレジットカードの信用情報の終了状況欄で「本人以外弁済」「貸倒」「移管終了」「法定免責」という記録が付いてしまったら5年間は待つ以外ありません。

 

どうしてもクレジットカード審査を突破する理由があるとしたら、それはまたクレジットカードを使って立て替え支払いをしたいというものか、キャッシングを利用したいということになりますが、そういう理由があったとしても、クレジットカードのキャッシングやリボルビング支払いは、年収の3分の1内でなければいけないという総量規制のルールに則る必要があるので、あまりメリットがないのです。

 

実際にクレジットカード会社でも、50万円を超えるキャッシング枠を用意したり、40万円を超えるリボルビング枠を用意してくれるのが精一杯という状況で、ゴールドカードでもそういった利用枠しかないのが普通です。

 

クレジットカードを新たに作れるようになるまでの時間を利用して、総量規制を超える借金残高を減らすのが第一段階、それぞれのクレジットカード会社や消費者金融会社の借金の額を50万円以下にするのが第二段階、金利が高いクレジットカード会社や消費者金融会社の借金から完済するのが第三段階、すべてのクレジットカード会社や消費者金融会社の借金を完済するのを第四段階と考え、借金をゼロにするのが一番なのです。

ブラックにおすすめのクレジットカード

AC・アコムマスターカード

更新履歴